着物の染み抜きおおつき工芸

おおつき日記

2019-11-01

動画にチャレンジ

今回は動画に初チャレンジしてみました。インスタでカットしたのでどうなっているのか…

直して行く雰囲気だけでも感じて頂けますと幸いです。

ではまず1枚目。糸印の部分に古い変色シミがありそれを既に漂白した状態です。

真ん中に変色が少し残り、その周りが脱色してドーナツ状になっています。


2枚目はその拡大バージョンです。

古い変色はキツイ薬品を使用しても抜けきらない事が多いです。

それを染色を施してわからなくします。


3枚目は仕上がりです。

糸印を付けたまま加工してますのでそれが影になって見えてしまってますがご了承下さい。

ドーナツ状の色抜けはわからなくなっていると思います。


さて、ここからが今回の作業の動画その1です。

ここでも糸印がシミのように見えてしまってますがそこは無視してご覧ください。

簡単に流れを説明しますと、生地を裏返し軽く濡らします。

コテを当ててるのは水の吸い付きが悪いため熱して浸透させる為です。

適度に生地を濡らしたまま裏から必要な部分に染色していってます。

動画その2

生地を表向きにして更に染色を続けてていきます。最後にドライヤーで乾かして完了です。


最後の画像は今回使用した染料です。何色を足したら元の地色に近づくかを考え調合したものです。

何故生地を濡らして染色するのか? 何故裏からなのか?

とか疑問に思われるかとは思いますが簡単に言うと全ては少しでも綺麗に仕上げる為です!

👘  ✨      👘  ✨      👘  ✨      👘  ✨      👘  ✨
愛知県名古屋市 【 全国対応 】 の着物染み抜き専門店、おおつき工芸です。

最初から最後まで 染色補正士の職人が お着物の状態に合わせた 丁寧な修復をさせて頂きます。

他店で 「 直らない 」 と言われたもの、古いシミや変色も 諦めずにお気軽にご相談ください。

⭐︎  おおつき工芸  インスタグラム もやってます ⭐️   

2019-07-01

お客様が触ってしまったシミ

『 上前衽にシミを付けて慌ててご自身で触ってしまい跡が付いてしまった 』

というご依頼です。

輪シミがしっかり入ってますね。

2枚目ですが、角度をつけて輪シミ部分を見てみると白けて見えます。

これは触ってしまった事により生地が毛羽立ち

擦れキズになってしまっている状態です。

真上から見てもわからず角度をつけると白っぽく見えるのが擦れキズの特徴です。

まずはシミを落とします。

シミを落としたら次は擦れキズを目立たなくしていきます。

生地の毛羽立ちを特殊な糊でおさえ、

それでも残る場合は糊を混ぜた染料で白けている生地の上っ面だけ色を入れていきます。

今回は色を入れる作業までしてあります。

仕上がりを角度をつけて見ると白けが殆どわからなくなっているのが確認していただけると思います。

着物の生地はとてもデリケートです。摩擦には特に弱いです。

特に生地が少しでも湿っている状態では一段と摩擦に弱くなってしまいます。

シミを付けてしまった時は慌てずに吸水性の高いハンカチなどで軽く押さえる程度に留めておいて下さい。

決して擦ったり叩いたりしないで下さい。

一度擦れキズになってしまうと二度と元には戻りません。

正しい応急処置で持ち込んでいただければ生地を傷めること無く綺麗にシミを落とす事が出来ます。

慌てず擦らない叩かないを頭の片隅に置いていただき、万が一の時にお役立てください。

👘 ✨ 👘 ✨ 👘 ✨ 👘 ✨ 👘 ✨
愛知県名古屋市 【 全国対応 】 の着物染み抜き専門店、おおつき工芸です。

最初から最後まで 染色補正士の職人が お着物の状態に合わせた 丁寧な修復をさせて頂きます。

他店で 「 直らない 」 と言われたもの、古いシミや変色も 諦めずにお気軽にご相談ください。
⭐️ おおつき工芸  インスタグラム  もやってます  ⭐️   

2017-10-14

留袖のカビ

カビ落としでお預かりした留袖です。

全体的にこんな感じでカビが出てしまってます。


カビを落とすには、とにかくしっかり洗う事が大切です。

一見落ちた様に見えても実は残っているというケースも多々有ります。

生地を傷めない様にしつこいくらい洗います。


仕上がりです。

カビは一度キレイにしても今までと同じ保管方法ではまたカビが発生してしまいます。

保管方法を変えない限り同じ事の繰り返しとなってしまいます。

「お手入れ後も安心せずに陰干しをしっかりする」

「湿気の少ないところへ保管場所を変える」    など

カビを発生させないことを心掛ける事が大切です。

      👘✨     👘✨      👘✨      👘✨     👘✨

愛知県名古屋市 【全国対応】 の着物染み抜き専門店、おおつき工芸です。

最初から最後まで 染色補正士の職人が お着物の状態に合わせた 丁寧な修復をさせて頂きます。

他店で 「直らない」 と言われたもの、古いしみや変色も 諦めずにお気軽にご相談ください。

⭐️  おおつき工芸  インスタグラム  もやってます ⭐️

2017-09-01

色ヤケ直し

今回は地色の色ヤケ直しでお預かりしました。

画像の左側に縦筋に、下側に横筋にヤケが有り、そしてその筋の内側も全面にヤケています。


画像にするとかなりヤケの程度が軽く見えてしまいますね・・・

実際に肉眼で見るとしっかり色ヤケしていました。

ヤケている部分が仕立て上げた状態で表に出ていた部分となります。

生地端のヤケていない部分が縫い代で奥に隠れていた部分です。

仕立て替えで元の寸法よりも大きくなる場合は境い目が出てしまうのでヤケ直しが必要となります。


仕上がりです。1枚目と2枚目の色目が変わって写ってしまってますね。

ですが筋などの色の差はなくなり均一になっているのはお分かり頂けると思います。

デジカメで地色を再現するのは難しいですね。

今回の直し方はヤケている部分に何色を足せば元の地色になるかを計算して染料を調合します。

その染色をエアブラシや筆で染色していきました。色の足し算なのです。
👘 ✨       👘 ✨       👘 ✨       👘 ✨       👘  ✨

愛知県名古屋市 【全国対応】 の着物染み抜き専門店、おおつき工芸です。

最初から最後まで 染色補正士の職人が 丁寧な修復をさせて頂きます。

他店で 「直らない」と言われたもの、古いシミや変色も 諦めずにお気軽にご相談ください。

⭐️   おおつき工芸   インスタグラム  もやってます ⭐️

2017-08-19

抜き紋の入れ替え

背紋を入れ替えたので白く色抜けしている部分に色を入れて欲しい、というご依頼です。


丸くて白くなっている部分が元紋です。

元紋にも上絵が書いて有りましたがそれを落とした後、新たな扇の上絵を書いた状態です。

わかりやすく言うと抜き紋の上絵だけが入れ替わった、という事です。

不要な白く抜染してある所のみ染色していきます。


仕上がりです。

地色と同じ色を調合し染色するのですが、かなり高い技術力を要します。

紋は目が行きやすい場所ですし、直ってるか直ってないかのごまかしもききません。

今回の加工は技術力はもちろんですが経験値や色合わせのセンスも問われる内容の仕事だと思います。
     👘✨     👘✨     👘✨     👘✨     👘✨

愛知県名古屋市  【全国対応】 の着物染み抜き専門店、おおつき工芸です。

最初から最後まで 染色補正士の職人が お着物の状態に合わせた 丁寧な修復をさせて頂きます。

他店で 「直らない」 と言われたもの、古いしみや変色も諦めずにお気軽にご相談ください。

⭐️    おおつき工芸  インスタグラム もやってます  ⭐️

2017-07-08

年月と共に現れた水染み  

シミ抜きでお預かりしました。

お客様は  「こんなシミつけた記憶がない」 との事でした。

裾まわりに濃い変色と大きく輪ジミのような変色がありますね。

何かあれば先ずは洗う事から。シミが出てる部分を丁寧に洗っていきます。


洗った結果、見た目には殆んど薄くはなりませんでした。

やはり完全に地色自体が黄色く変色しているようです。

薄くはなりませんでしたが丁寧に洗うという作業によって下処理は済みました。

次の工程の漂白から地直し(色入れ)に進めていきます。


仕上りました。 着用に支障ないくらいにはなったのではないでしょうか?

今回のケースのように、シミをつけた記憶がないのにシミが出てくる事は多々あります。

シミは付いてはいてのでしょうけどその時点では目立たなかったのでしょう。

後身頃ですし御自身でも気付きにくいですよね。

そのシミが時間の経過と共に黄変へと変化していったのでしょう。

シミは変色する前に落とすのが生地にとってもお財布にとっても優しいです。

シミを見つけ出すのも我々の仕事です。お手入れはもちろんですが点検もお任せ下さいね。

👘✨     👘✨     👘✨     👘✨     👘✨

愛知県名古屋市 【全国対応】 の着物染み抜き専門店、おおつき工芸です。

最初から最後まで 染色補正士の職人が お着物の状態に合わせた 丁寧な修復をさせて頂きます。

他店で 「直らない」 と言われたもの、古いしみや変色も 諦めずにお気軽にご相談ください。

⭐️  おおつき工芸   インスタグラム   もやってます  ⭐️

2017-05-13

裾の汚れ 

お得意様から「何かあればキレイに」 とお手入れおまかせでお預かりしました。

全体点検して必要なお手入れをさせて頂きますが

今回ブログ記事にピックアップしたのは裾の汚れです。

画像は裾の八掛側です。しっかり汚れてかなりズズ黒くなってます。

この様な黒ずみ汚れは漂白などでは落ちません。 ただひたすら洗う!  これに尽きます。

仕上がりです。  かなりスッキリしたと思いますが薄っすら残ってしまいました。

上でも書きましたがこの類いの汚れは洗う事以外に出来る事はありません。

お預かりする以上は完全な状態でお返し出来るように努力は惜しみません。

ですが今回のようにどうしても残ってしまうしみ汚れがあった場合や

生地難やほつれなど気付いたことなど、納品の際伝票に一言添えてお渡しさせて頂くようにしております。

今度その伝票のことも記事にしたいと思っています。

 👘   ✨     👘   ✨     👘   ✨     👘   ✨      👘   ✨

愛知県名古屋市 【全国対応 】 の着物染み抜き専門店、おおつき工芸です。

最初から最後まで 染色補正士の職人が お着物の状態に合わせた 丁寧な修復をさせて頂きます。

他店で 「 直らない 」 と言われたもの、古いシミや変色も 諦めずにお気軽にご相談ください。

⭐️   おおつき工芸   インスタグラム   もやってます   ⭐️

2017-05-01

ご着用後のお手入れもお任せください

着用後のお手入れをお預かりしました。  特にご指定はいただいてませんが 

『  何かあればキレイに  』  とお手入れお任せでお預かりしました。

衿や袖口、裾まわりなどご着用されて汚れる場所はおおよそ決まってますので

それらを中心に全体を隈なくチェックしていきます。

お手入れで忘れてはいけないのが汗です。

汗は着物に付着してもパッと見ついてないように見える場合があります。

この1枚目の画像ですが、着用時に脇の辺りに来る場所を裏返してあります。

何かシミが有るように見えませんよね?

そこのエアブラシで水を軽く吹き付けてみます。  すると・・・

輪ジミが出て来ましたね。これは脇の汗です。 

ただ見るだけでは確認出来なかったのに実際はこれだけ汗が付着しているのです。

このままほっとくと時間の経過で変色になってしまう事もあります。

お手入れでお預かりした以上は万全な状態でお返ししなければいけません。

シミや汚れ、汗など付着する可能性がある場所はとことんチェックします。

当店は   染み&変色直し専門店   と謳ってますが 

こういった日ごろのお手入れもとても大事にしております。

しっかりしたお手入れにより変色を未然に防ぐ事が出来るからです。

お手入れでお困りでしたら是非ご相談下さい。
     👘  ✨     👘   ✨     👘   ✨     👘   ✨     👘   ✨

愛知県名古屋市 【 全国対応】 の着物染み抜き専門店、おおつき工芸です。

最初から最後まで 染色補正士の職人がお着物の状態に合わせた 丁寧な修復をさせていただきます。

他店で 「直らない」 と言われたもの、古いシミや変色も 諦めずにお気軽にご相談ください。

⭐️   おおつき工芸   インスタグラム   もやってます   ⭐️
    

2017-04-15

タンスの中で発生するガスヤケ

道行コートの色ヤケ直しでお預かりしました。

文庫に入れてタンスにしまっておいただけなのにヤケてしまったとの事です。

真ん中辺りに縦に黄色く筋が入ってしまってますね。


先にアイロンでシワ伸ばししてありますが

このヤケた部分はコートを畳んだ時にちょうど折れ曲がる場所です。

こういった折り目の山はヤケやすいです。

ヤケた色に何色を入れたら元の色になるかを計算し、染料を調合しエアブラシで色を入れていきます。


仕上がりです。画像では全体の色味が変わって見えますが地色自体を変えた訳ではありません。

デジタルカメラの難しさがモロに出てしまいました。画像編集はしていません。

色ヤケが直っているのはわかっていただけると思います。

今回のヤケ方は我々の業界ではガスヤケといいます。

空気中には着物に良くない様々なガスが発生してます。

簡単に言うとタバコや石油ファンヒーターなどです。

違うメーカーの防虫剤なども混ぜて一つのタンスし入れると地色を変色させたり

プラスチックを溶かしてしまう様なガスを発生させる事もあります。

そのガスがタンスの中に溜まると今回のように畳んだ折り目や角や縁がヤケてしまいます。

定期的に陰干しするのが一番の予防です。湿気も取れますし良い事ばかりです。

ただ面倒くさい!と思われる方も多いのではないでしょうか?

そんな場合はタンスを開けて空気の入れ換えだけでもしてあげて下さい。

さらに扇風機などで風をあててあげれば効果が増します。

タンスを久しく開けてない方、すぐにでも空気の入れ換えをオススメします!

     👘✨     👘✨     👘✨     👘✨     👘✨

愛知県名古屋市 【全国対応】 の着物染み抜き専門店、おおつき工芸です

最初から最後まで 染色補正士の職人が お着物の状態に合わせた 丁寧な修復をさせて頂きます。

他店で 「直らない」 と言われたもの、古いしみや変色も 諦めずにお気軽にご相談ください。

⭐️  おおつき工芸   インスタグラム  もやってます  ⭐️

2017-03-26

消してほしい柄!

エリの背中心あたりの少し出ている柄を消して欲しい、というご依頼です。


小紋なので柄があちらこちらへ散っています。

その為仕立て上げた時にたまたまこの様な位置に柄が来てしまったのでしょう。

塗り潰せばいいだけ、そう思うかも知れませんがこれがなかなか難しいです。

何がどう難しいかを説明するのも難しいです・・・  すみません💦💦


仕上がりです。

部分的に解いてあるもは加工の工程上、生地の下から熱を加える必要があった為です。

着物の柄何て消せるの?と思われた方もいらっしゃるかも知れません。

どんな柄でも消せるとは言えませんが今回の様に可能性のあるケースもあります。

着物の加工の事ならどんな事でもお気軽にご相談下さい。

     👘✨     👘✨     👘✨     👘✨     👘✨

愛知県名古屋市 【全国対応】 の着物染み抜き専門店、おおつき工芸です。

最初から最後まで 染色補正士の職人が お着物の状態に合わせた 丁寧な修復をさせて頂きます。

他店で 「直らない」 と言われたもの、古いしみや変色も 諦めずにお気軽にご相談ください。

⭐️  おおつき工芸  インスタグラム  もやってます  ⭐️